Pasion 踊り手 出演者プロフィール

踊り手:久保田 晴菜  Haruna Kubota

静岡県沼津市出身。

2歳より城井二葉氏にフラメンコを、3歳より秋山祐貴子氏にモダンバレエを習う。

幼少の頃より短期渡西を繰り返し、メルチェ・エスメラルダ、マリア・マダレーナ、ラ・タティー、エンリケ・パントーハ、マヌエル・ベタンソス等に師事。

2009年より小島章司フラメンコ舞踊団員として活動。ハビエル・ラトーレ演出・振付の作品「ラ・セレスティーナ」の初演メンバーとして、2011年フェスティバル・デ・ヘレス(ビジャマルタ劇場公演)や、2012年ビエナル・フラメンコ(マエストランサ劇場公演)など、フラメンコの本場であるスペインでの公演にも参加。

 

2013年日本大学芸術学部演劇学科演出コース卒業。

 

2013年6月より、スペイン・マドリッドに1年間留学。 メルチェ・エスメラルダ、マリア・フンカル、コンチャ・ハレーニョ、マヌエル・リニャン等に師事。

2013年11月にマドリッドで行った自主企画コンサートは、日西交流400周年記念事業に認定される。

​2019年10月より、再びスペイン・セビージャに留学。

帰国後は、オペラとの共演を始め、多数の劇場公演や、文化庁主催の文化芸術による子供の育成事業(ワークショップ・巡回公演)出演、NHK教育テレビ「デザインあ」出演など、精力的に活動を行っている。

 

受賞歴:

2017年 「日本フラメンコ協会主催 第26回新人公演」奨励賞受賞。

2017年・2019年 「CAFフラメンコ・コンクール」ファイナリスト。

2019年 現代舞踊協会より「河上鈴子スペイン舞踊新人賞」を授与される。

2020年 スペイン・セビージャにて開催された「Concurso Talento Flamenco」にて、アジア人として初めて決勝に進出し、準優勝する。

08 久保田晴菜01.png

踊り手:ヴォダルツ クララ  Clara Wodarz

幼少の頃よりクラシックバレエやタップダンス、演劇を学び、舞踊や舞台に親しむ。

2002年より青木愛子の下でフラメンコを始め、上智大学在学中にフラメンコサークル“Alegrias”に4年間所属。卒業後は青木愛子、浅見純子に師事。


2009年より青木愛子スペイン舞踊研究所に所属し、同スタジオの講師として幅広くクラスを担当する傍ら、都内各所のタブラオにて数多くのライブに出演。

2014年より短期渡西を繰り返し、スペインではラファエラ・カラスコ、ハビエル・ラトーレ、ロシオ・コラル、ラ・モネタらの下で、日本ではマヌエル・ベタンソス、アントニオ・エル・ピパ、アンヘル・ムニョス、サラ・カレーロら来日アーティストよりフラメンコ/スペイン舞踊を学ぶ。


2020年2月より独立。新たなステージに活躍の場を求め、ソロでの活動を開始。

 

受賞歴:
2013年・2015年・2017年・2019年「CAFフラメンコ・コンクール」ファイナリスト
2014年 「日本フラメンコ協会第23回新人公演」にて奨励賞受賞
2020年 スペイン ヘレス・デ・ラ・フロンテーラにて開催された「Concurso Internacional De Baile Flamenco Puro フラメンコ・プーロ国際コンクール」ファイナル進出(PREMIO ESPECIAL CENTRO DE BAILE JEREZ受賞)

01ヴォダルツ・クララ02.JPG

踊り手:瀬戸口 琴葉  Kotoha Setoguchi

4 歳からよみうりカルチャー横浜「子供のためのフラメンコ」( アルテ フラメンコ舞踊学院主宰 ) にてフラメンコを 始める。 
その後、「クラセ・デ・バイレ」にて初瀬河典子に師事、また「矢野吉峰フラメンコスタジオ」にて矢野吉峰に師事。
2013 年、日本フラメンコ協会主催『第 22 回新人公演』にて奨励賞受賞、 第 2 回エルスール財団新人賞(フラメンコ部門)受賞。 
2015年から約一年半のスペイン留学で、ラファエル・カンパージョ、アデラ・カンパージョ、エル・オルーコ等数多くのスペイン人アーティストに師事。
2017年第一回グラナダフェスティバル・出演者公開オーディションにて第1位獲得、エシャビラクラブ(グラナダ)及びアルムニェカル植物公園(グラナダ)での日本文化週間公演にソリスト出演。
2019年第10回CAFフラメンコ・コンクールファイナリスト。
現在、カサ・アルティスタ「Jueves flamenco」レギュラー出演をはじめ、都内のタブラオ等で活動中。

03瀬戸口琴葉02.jpeg

踊り手:佐藤 陽美  Minami Sato

神奈川県出身。

小学1生の時、先に習っていた父親の誘いでフラメンコを始める。

フラメンコスタジオマジョールにて、鈴木眞澄、三枝雄輔に師事。

学生時代より短期渡西を繰り返し、ファン•ポルビージョ、サライ•デ•ロス•レジェス、ラ•モネタ等に学ぶ。

 

2017年日本フラメンコ協会新人公演準奨励賞受賞、2018年奨励賞受賞。

現在はマジョール舞踊団として活動するとともにタブラオ出演にて研鑚を積む。

04佐藤陽美01.jpeg

踊り手:脇川 愛  Ai Wakikawa

5歳よりアルテフラメンコ舞踊学院にてフラメンコを始める。

2008年〜2016年平富恵スペイン舞踊研究所にてスペイン舞踊全般を学び舞踊団員として公演に出演。

2012年、2013年文化庁主催、次代を担う子どもの文化芸術体験事業巡回公演に出演。

2017年より稲田進氏に師事。

2018年日本フラメンコ協会第27回新人公演準奨励賞受賞。

2020年より田村陽子氏に師事。

大学卒業後は渡西しながら多くの著名なアーティストから学び、様々な舞踊経験を活かした独自のフラメンコスタイルを追求し、都内タブラオなどで活動中。

05脇川愛01.JPG

踊り手:小谷野 宏司  Hiroshi Koyano

栃木県壬生町出身。
大学時代フラメンコに出会う。
日本では、杉本明美氏、今枝友加氏、吉田久美子氏等に師事。
スペインでは、マヌエル・ベタンソス氏、ラファエル・カンパージョ氏等の元で基礎を学ぶ。その後、生活に根強く関わるフラメンコに感銘を受け、アンヘリータ・バルガス氏、コンチャ・バルガス氏、ルイス・ペーニャ氏に特に強く影響を受けるほか、多数のアーティストに師事する。
都内タブラオ、イベントに多数出演、現在は渡西を繰り返しながら自身のフラメンコを探し、教授活動も行っている。

06小谷野宏司02.jpg

踊り手:出水 宏輝(Farolito)  Koki Demizu

10歳の時に石川敬子フラメンコ教室にてフラメンコを始め、田中光夫にギター・カンテを、舞踊・パルマを棚原美和に師事。

2009年グルーポ・ペパの全国ツアーライブに14歳で男性舞踊手としてプロデビュー。

2014年、官民協働海外留学支援制度「トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム」の1期生として一年間スペイン留学。現代フラメンコ界の第一人者ファルキート氏に師事。

 

帰国後ソロリサイタル劇場公演を成功させ、2018年第一回全日本フラメンココンクールにて努力賞を受賞。

2019年日本フラメンコ協会第28回フラメンコ・ルネサンス21「新人公演」で奨励賞受賞。

また、2018年摂南大学入学宣誓式にて、在学生300名以上とフラメンコのフラッシュモブを大阪城ホールにて実施する等、将来のフラメンコ界のリーダーになるべく精力的に活動している。現在、石川敬子フラメンコ教室にて舞踊科講師を務めている。

07出水宏輝(Farolito)01.jpeg

踊り手:沖真悠子  Mayuko Oki

広島県広島市出身。
神田外語大学に入学と同時にフラメンコに出会う。
在学中は宮田由起枝氏に師事。
大学卒業後、渡西し、アリシア マルケス、ファン ポルビージョ、ピラール オルテガ等に師事。
帰国後は田村陽子氏、土井まさり氏に師事。


2018年 日本フラメンコ協会第27回新人公演バイレソロ部門にて奨励賞受賞。
2017年第9回、2019年10回CAFフラメンコ・コンクール ファイナリスト。
現在は、都内を中心にタブラオ等で活動中。

08沖真悠子03.jpeg

踊り手:岡村 友美  Tomomi Okamura

大阪府堺市出身。

大学在学時にフラメンコに出会う。

卒業後は阿藤久子氏のもとで学び、インストラクターを務め、神戸のタブラオにレギュラー出演。

数回に渡る渡西では、Juana Amaya、娘Nazaret Reyesに師事。

現在は拠点を東京に移し、都内のタブラオやイベントに出演。


2017年、2018には、平富恵スペイン舞踊団公演のゲストとして出演。

日々フラメンコを研鑚している。

09岡村友美01.jpeg

踊り手:荒濱 早絵  Sae Arahama

東京外国語大学在学中にフラメンコに出会い、スペイン舞踊部代表を務める。

岡本倫子、後藤なほこ、影山奈緒子に師事。

2012年に初渡西し、マヌエル・ベタンソス、アンドレス・ペーニャ、アンヘル・アティエンサ、マリア・モレーノ、ベアトリス・モラーレスなどのスペイン人アーティストらに師事。

渡西を繰り返しながら、現在は都内を中心にライブ等に定期的に出演中。

フラメンコユニット「lostopos」としても活動中。

2019年より講師としての活動も開始。

第一回フラメンコWEBコンテスト最優秀賞受賞。第二回フラメンコWEBコンテスト優秀賞受賞。

11荒濱早絵01.jpeg

踊り手:JURINA

静岡県出身。

2歳半より踊りをはじめバレエを中心に幼少期より様々な公演に出演し、ステージ経験を積む。

第277回世田谷区民コンサートにて、ソリストを務める。

 

成人後はコンテンポラリーダンサーや舞台役者として活躍。

2013年にタイバンコクにて開催の招聘公演にコンテンポラリーダンサーとして参加。

 

2013年よりフラメンコを開始し、翌年2014年に初渡西。

アリシアマルケス、レオノルレアルなど数々の著名な講師に師事。

帰国後、フラメンコダンサーとしての活動を開始。

現在は渡西を繰り返しながら、都内を中心に様々なライブハウスや劇場にてパフォーマンスを行う。

フラメンコユニット”LosTopos”のリーダーとしても活動中。

YouTubeに公開中の動画”Alegrías”は1万回再生を超える。

10JURINA01.jpeg

踊り手:小澤 明日美  Asumi Ozawa

神奈川県平塚市出身

大学時代にフラメンコに出会う。

2013年より篠田三枝氏、2015年より梶山彩沙氏等に習う。

12小澤明日美01.jpeg

踊り手:吉田 芽生  Mei Yoshida

大学在学中にフラメンコに出会う。

小泉まみ・田中美穂・蓑毛はるか・井上圭子に師事。

2017年・2019年、スペインに短期フラメンコ留学。

日本とスペインで精力的にフラメンコを学び、都内を中心にライブ出演などを行なっている。

13吉田芽生02.jpeg

踊り手:山崎 桃子  Momoko Yamazaki

大阪生まれ大阪育ち。

小学6年生でフラメンコを始める。

大学生の時に学生フラメンコに出会い、フラメンコ熱が爆発。

自分の好きなフラメンコに出会うために在学中に渡西。

現在はのんびり活動中。

Angelita Vargas、Isidro Vargasが大好き。

14山崎桃子02.jpg

踊り手:池野 美結  Miyu Ikeno

5歳からモダンバレエを習い始める。

母の影響を受け幼少よりフラメンコが身近にある環境で育つ。

現在はフリーで国内外のアルティスタから指導を受け研鑽を積む。

15池野美結01.jpg

踊り手:池内 亜美  Ami Ikeuchi

4歳よりピアノ・エレクトーンに親しみ、主にクラシック音楽を学ぶ。

外国の文化や音楽に興味を持ち、2016年に東京外国語大学に進学。スペイン舞踊部にてフラメンコに出会う。岡本倫子、後藤なほこらに師事。

学生時代より、自主企画公演の開催等、イベント企画者としても精力的に取り組む。

16池内亜美03.jpeg

踊り手:池田 遥香  Haruka Ikeda

岡山県笠岡市出身。京都産業大学でスペイン語を専攻し、2018年6月にフラメンコクラブへ入部。バイレとカンテを主に担当する。野上裕美氏に師事。2020年よりスタジオエセンシアにて宇根由佳氏、服部亜希子氏に師事。

17池田遥香01.jpg

踊り手:高嶋 朋愛  Tomoe Takashima

静岡県沼津市出身。

20歳でフラメンコを習い始め、Las Hojas de Futabaの団員としてイベントや発表会に積極的に参加。

フラメンコのほか日本舞踊、声楽など幅広く研鑽を積む。

18高嶋朋愛01.jpg

踊り手:宇佐美 瑛琉  Eru Usami

静岡県沼津市出身。

4歳からフラメンコを習い始め、Las Hojas de Futabaの団員として、イベントや発表会に参加している。

19宇佐美瑛琉01.jpg